HOME ≫ 学会誌の紹介 ≫ 第25巻第1号通巻第100号


第25巻 第1号 通巻第100号 2006年10月発行

第34回(平成18年度)日本歯科医史学会総会並びに学術大会
会長講演 我国における臨床検査の小史
・一般演題抄録
1.創設者入戸野賢二先生に引き続き千葉大学医学部歯科口腔外科並びに日本大学歯学部口腔外科の発展に盡力された佐藤伊吉先生とその業績について
2.奥村鶴吉の齲蝕細菌学的研究業績の研究
3.八百枝康三と「保歯の栞」
4.高山紀斎の生涯(その2 高山紀斎の履歴書から)
5.東洋女子歯科医学専門学校について
6.Philadelphia Dental Collegeの卒業証書について
7.S. S. White Dental Manufacruring Companyの歯科医学特に歯科補綴への貢献について
8.咬合平面の歴史
9.W. C イーストレーキの墓所の発見
10.F. W イーストレーキの業績
11.エーテル麻酔創始者の一人であるW. T. F. Morton救済のための寄付に関わる小冊子「PROCEEDINGS IN BEHALF OF THE MORTON TESTIMONIAL.」について
12.『病草紙』の条文に関する考察
13.『古今著聞集』と『病草紙』
14.唾液と眼の病について
15.鴎外と歯科医史(1) 陸軍一等軍医 森林太郎の「齲歯予防論」
16.鴎外と歯科医史(2) 森林太郎の勉学ノート「語彙材料」に見られる歯科記述
17.明治時代初期の有喜世新聞広告について
18.新町・於菊稲荷神社(おきくいなりじんじゃ)に奉納された「歯科医の絵馬」について-第2報-
19.『口歯類要』にみられる口瘡治験例の一考察
20.蕪村の歯に関する発句の研究
21.アメニティマップにみられる歴史的文化遺産の快適性
22.東洋医学臨床治療における陰陽虚実
23.『傷寒金鏡録』の舌診図に関する研究
24.金匱要略と舌診についての考察
25.レイモンドチャンドラーにおける歯科に関連した記述について
26.日本における無医村問題の緩和対策-台湾出身歯科医師の役割-
27.大幅な改訂を迫られた桜歯ニュース第13号(昭和44年6月20日発刊)
28.松籟・石塚三郎先生遺稿の漢詩-月刊「自治」に投稿した詩文-
29.東北大学歯学部創立の前史-共立病院歯科から大学付属病院歯科まで-
30.野口英世の肖像を用いた新紙幣の研究
アメリカ歯科医史学会会誌50年の歴史(その2)-第3代編集長Dr. Malvin E. Ringの時代-
19世紀初頭にまで遡ると考えられる梅之丞の入歯・口中治療に関する推論-明治21年佐藤太郎吉の新聞広告から-
血脇守之助「次回国際歯科医学会議を日本に開催せんとする希望に対する意見書」(昭和6年2月)について